Objective-CなどiOS関連の技術メモ。知識はここに投げ捨てて忘れる。

NSURL URLWithString:relativeToURL: の使い方

最終更新日 2013年07月21日 12:41

よくあるのが次のような間違い。

これだとrelativeURLはhttps://api.service.com/files/searchになってしまう。

URLWithString:relativeToURL:は、文字列連結するだけではなく、その名前のとおり、まさに相対URLの解決を行なっている。

例えばhttp://www.example.com/items/123というURLのページで/homeというURLへのリンクをクリックしたら、表示されるページの絶対URLはどうなるか、と考えてみればよく理解できるだろう。/homeのようにスラッシュから始まるURLはホスト相対なので、http://www.example.com/homeが表示されるはずである。

最初の例で、意図した結果を得ようと思ったら、次のように書けばよい。

※ 記事の例はstackoverflowより。

詳解 Objective-C 2.0 第3版

必読。こんなゴミサイトより、こっちを読むべき。

Amazonでみる

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス

必読。こんなゴミサイトより、こっちを読むべき。

Amazonでみる